学びに困難を抱える子ども達を支えるために

 エクストラレッスン その理論と実践

 

   エクストラレッスンは、1960 年代、イギリスのシュタイナー学校の教師をしていたオードリー・マカレ ンが、学習に困難を抱える子ども達を助けるために開発し始めたもので、ルドルフ・シュタイナーの「全人 的な人間の発達という視点に立ったこどもの教育」に基づいています。こどもの幼少期の発達が、その後の 学習や行動そして振舞いにおける基礎を築くという視点に立っています。

 

     エクストラレッスンでは、宇宙や自然界にあるフォルムの動き、重力と拮抗する床での動きを取り入れた エクソサイズや治癒的な働きのある水彩などを繰り返し行うことで、子どもたちのボディジオグラフィー(身体内認識)と空間認識を育て、感覚の統合を助け、子どもの意志を伸ばし、その能力と個性の開花を促 し、ホリステイックに子どもの困難に治癒をもたらします。

 

   日本でのエクストラレッスン プラクティショナー養成コース主講師のマリアン・ジャッド氏に一般の 方々に向けてお話をしていただきます。みなさまのご参加をお待ちしています。

 

講師 マリアン・ジャッド氏   エクストラレッスンインスティチュート www.extralesson.com

 

  教職経験のある臨床心理士で、エクストラレッスンプラクティショナーとして

20年の経験を持つ。 キャンベラのオラーナシュタイナー学校をはじめ、諸学校と連携した指導及びATC・エクストラレッスン・セラピーセンターを開設して、さまざまな子どもたちの指導に取り組む。エクストラレッスンに関する論文で博士号取得。

 

 

日 時 3 月 25 日(水)   午前の部 10:30~12:00  

                                     「エクストラレッスンとは」

              

                午後の部 13:30~15:00

                      「その実践とケーススタデイ」 

会 場    ドーンセンター      

       (京阪天満橋・地下鉄谷町線天満橋 徒歩5分)

 

参加費  各 3,000 円(当日受付でいただきます)

 

定 員   70 名 (申込み〆切 3 月 22 日)

 

申込先  雑賀眞実 df9wp7@bma.biglobe.ne.jp  

 

            072-956-3912(ファクス)

 

 

 

学びに困難を抱える子ども達を支えるために
2015年3月25日公開講座チラシ.pdf
PDFファイル 285.1 KB