ドロシー・マーレン氏来日講座 4月20日(土)

ドロシー・マーレン氏来日講座
ドロシーマーレンさん講座.pdf
PDFファイル 97.4 KB

神戸シュタイナー教育を学ぶ会/レインボーサークル 共催
関西シュタイナー乳幼児教育教員養成コース一般公開講座

 


ドロシー・マーレン氏来日講座

 

 「乳幼児期の健康な感覚の発達」

 

ドロシー・マーレン氏


乳幼児教育コンサルタント、シュタイナー幼児教育
エミー・ピクラーUK協会代表

http://www.dorothymarlen.net/

 


開催日:2015年6月20日(土)


 

<一般講座>
10:00~12:00(定員50 名)
①「人間の基礎となる、初期の発達について」

 

<教員研修講座>
13:30~15:00(定員50 名)
 ②「 十二感覚・下位感覚(触覚・生命感覚・運動感覚・平衡感覚)」

 

15:30~17:00(定員50 名)
 ③「乳幼児の感覚の発達・保護者との連携」

 

<教員研修ワークショップ>
18:00~19:30(定員20 名)
④「0歳から3歳の子どもの運動発達のための動きや遊び」
※動きやすい服装でお越し下さい

 

場所:たかつガーデン
http://www.takatsu.or.jp/
(近鉄上本町駅下車3分、市営地下鉄谷町九丁目駅下車5分)

 

参加費:当日支払い(お釣りのいらないようご用意下さい)
各講座¥3,000
3 コマ通し(一般講座、教員研修講座①②③)¥8,000

 

全日通し①ー④¥11,000

 

申込先:関西シュタイナー乳幼児教育教員養成コース公開講座受付係
info.koukaikouza@gmail.com

 お名前、ご住所、お電話、メールアドレスをお書きください。

 

※申し訳ありませんが託児はありません。
※全講座に本養成コース受講生21 名が参加します。

 

[講師] ドロシー・マーレン
 乳幼児教育のコンサルタント・教員養成講師・

 シュタイナー幼児教育者・カウンセラー
 

20 年前から、イギリス・ヨークで、シュタイナー教育に基づく乳幼児の親子支援を行う。イギリス内外でワークショップや養成コースを運営。書籍出版や雑誌投稿を続ける。ハンガリーの小児科エミー・ピクラーの手法でも親子支援グループを運営し、現在、エミーピクラーの手法でのトレーニングコースを乳幼児期の保育士に実施。シュタイナー乳幼児運営グループ・誕生から3歳までのイギリス国内代表、シュタイナー教育による誕生から3歳までの子どものワーキンググループの代表。エミーピクラーUK 協会の創設者


 

[通訳] 入間カイ
1963年鎌倉市生まれ。幼少期をドイツで過ごし、中高時代にイギリス・アメリカに留学。上智大学卒業後、英独の翻訳・通訳・執筆業。ゲーテアヌム医学セクション外部研究員。那須みふじ幼稚園理事長・園長。 日本シュタイナー幼児教育協会代表。

 

 ※エミーピクラー  

  ハンガリー小児科医師1902-1984
 自分の子どもの発達を通してエミーピクラーアプローチという乳児発達の初期からの子どもの自由な運動の支援の方法を提示した。子もが何かをできるようになる前にその動きを手伝わない。まだすわれない子に座位の姿勢を取らせたり、手持って歩かせたりしてはいけない、 ひとりひとりの子がそれをするようになるまで大人は待つ、という保育の方法だ。また、特別に注意を払う子どものケアは子ども存在への尊重と尊厳を持って行う方法を取る。


       http://thepiklercollection.weebly.com/videos.html ビデオ