一般社団法人はっぴーれいんぼー

2019年12月               大東市泉町2丁に生活介護事業所を開設します。

  

  レインボーサークルは、アントロポゾフィーに基づく教育と医療を結ぶ活動を行ってきた活動のひとつとして、2016年より、生活介護事業所を始めとして障がいを持つ大人や子どもの活動や生活の場を創っていくために、はっぴーれいんぼープロジェクトを立ち上げて活動して参りました。障がいの有無、種別、年齢に関わらず親子で集う場「はっぴーれいんぼー」を月1回持ちケアする人を育てる場も兼ねて活動をし、また三好正人さんを講師にお招きして治療教育の現場で行うチャイルドスタデイについての基礎的な学びとその実践について、月1回の学びを行なってきました。アントロポゾフィーの基礎講座及び「魂の保護を求める子ども達」読書会といった内部学習会や手作り制作品のバザー活動なども行い、事業所開設のために活動をして参りました。


 

  2018年6月14日には一般社団法人はっぴーれいんぼーを立ち上げ、2018年10月からはプロジェクトの全ての活動を一般社団法人はっぴーれいんぼーに移行し、大東市泉町2丁目に生活介護事業所開設の場所を設けました。 

 

  

  現在、2019年12月、アントロポゾフィーに基づく生活介護事業所開設を目指して準備を行っているところです。事業計画を立案し、人員を集め、この拠点が利用者さんのためのよき空間になるように私たちが何を整えたらよいのか、日々討議をしております。

  

  この生活介護事業所には、みなで集いクラフトや芸術、運動を行うお部屋と個的セッション、看護ケアが受けられる静かなお部屋、アントロポゾフィー医療に基づく健康相談が受けられる相談室、無農薬の手作り野菜で作られる毎日の昼食やおやつが作られる厨房も検討しています。

  温かで美しく倫理的な空間、利用者さんのための最もよき空間になるにはどうしたらいいのかも討議を重ねているところです。

 

 成人施設でありながら、子ども達の個別療育、集団療育にも取組むこともできる、小さな子どもの時から成人になるまで長く関わって育ちゆく場となるよう、利用者にとっての精神と魂と身体のお家(ホーム)のような存在になってもらえるよう努力していきたいと思います。 

 


  みなさま、ご支援ください!

ご寄付のお願いを申し上げます。      開設までの目標額は1000万円です。

 

 この事業開設のためには大きな資金が必要です。事業所開設申請のための提出書類の準備、テナント敷金、礼金、賃料の捻出、改修費用、重度障がいを持つ成人のための施設備品を始めとする備品、消耗品の購入、車両購入費、開設後の初期費用(人件費、材料費)等、開設のために総額3000万の資金が必要です。

 

 現在、出資金や融資資金で賄い、あと1000万の資金が必要です。どうか、みなさま、私たちの事業所開設のために、ご寄付をしていただけましたら助かります。

 

  事業所開設の寄付をお願いできる方は下記の口座にお振込をお願いいたします。また、ご寄付いただいた方で下記の欄にお名前とアドレス、メッセージをお書きくださいましたら追ってご連絡申し上げます。

 

  振替口座 00920-1-211558                

       一般社団法人はっぴーれいんぼー

        

  

メモ: * は入力必須項目です